洗濯革命

最近の趣味、それは……洗濯。


自称「洗濯ばぁさん♡(STB)」のマミーが、長くセンターを張って参りましたが、ようやく世代交代!?


若輩者ではございますが、この度実権を握ることとなりました~!


アタクシ、自称「洗濯ねぇさん♡(STN)」のmakimakiです!\(^▽^)ノ



洗濯なんて洗濯機にお任せじゃん?などと言うことなかれ!


今、日本中で密かに…


いえいえ、センセーショナルに「洗濯革命」が起こっているのです!


そもそも、合成洗剤のキツい匂いや残留成分などが気になって、随分前から自然な粉せっけんやエコ洗剤に切り替えてた我が家。


それなりに満足してたけど、先頃、洗濯槽の掃除をやってみて愕然( ̄□||||!!!


いくら良い洗剤使ってても、あんなに洗濯槽が汚れるんじゃ~意味なくね?


月一ペースでのお掃除も大変だし、なんとかならないものかしら?(´・ω・`)?うーむ



で、



遂に、



前々から~



めちゃくちゃ気になってた~



とあるアイテムを~



導入しました~!   パクスぅ~(*゚∀゚人゚∀゚*)♪パチパチ


↑もったい付け過ぎやろ…ザーセン(≡人≡;)



それがこちら↓↓じゃジャーン!
f0395276_11204907.jpg

あら、可愛い。その名も「洗たくベビーマグちゃん♡」


一見すると三角形のお手玉!?
f0395276_11234843.jpg

中にはマグネシウムのちっちゃな粒が入ってて、触るとシャリシャリいうよ。


洗濯物3キロに1個の計算だから、我が家の場合は3個。
f0395276_11234876.jpg
※バラ売りもしております。※


この三つ子ちゃん達を洗剤の代わりに洗濯機に入れて回すだけ♪


すると、なんと言うことでしょう!?:*(〃∇〃人)*:


キレイに汚れが落ちてるじゃ~ありませんか!!


何より、全くの無臭なのぉーーーーっ!


洗剤残りの匂いはもちろん(だって入れてないんだもん!)、


これまで洗剤では取りきれなかった強めの臭いも(靴下とかね💦)、全然残ってなぁ~い!


ばんせーい\(*^-^*)/ばんせーい\(*^-^*)/ばんばんせーい!


特別出演、前回に引き続きのダニ~さん♡
f0395276_11503006.jpg
今日も全力万歳、ありがとね~♪


正直、半信半疑だったんだけど、全く心配要らなかったのね💦


もっと早く試してみるべきだったわぁ~。


洗濯物はもちろん、洗濯槽、ホース、排水溝までキレイになるし、流すことで川や海まで浄化されるんだって!


これって 、ス ゴ く な い で す か ぁ !?


生活排水を流すことに多少なりとも罪悪感を感じておりましたが、


おのずと地球の洗濯までできるんだから、


堂々と胸を張ってSTN活動をやっていけるぅ~♪ (#^ー°)vヤッタネ!


10月から使い始めて、毎日楽しくて仕方がないっす♪


キレイに洗うコツは、お水を張って10~15分放置すること。


洗浄力の高いアルカリイオン水にしてから洗濯機を回すんだって。


アタクシはこの時間を使って、ネコちゃん達のお世話やお風呂掃除などをやってます。


すすぎも一回で済むから、お水と時間の節約にもなりますね。


んで、その後は洗濯物と一緒に干して終わり。
f0395276_13534358.jpg

気になるシミ抜きなどは、酸素系漂白剤との併用でバッチシd(*´ェ`*)

※塩素系漂白剤との併用は不可!※


いや~ホントにスゴい物に出会ってしまいましたわぁ。


生乾きのイヤな臭いも全くないし、ストレスゼロのSTN活動。


皆さんも是非、ご一緒に♪


キレイな地球を取り戻しましょう(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^*)



ちなみにアタクシはこちらで購入。↓↓↓

他にもあちこちで取り扱われておりますが、大人気商品のため、入荷まで時間がかかることもあるそうです。



騙されたと思っていっぺん使ってみて~。感動するよ~!

[PR]
# by makimaki2012peace | 2018-11-15 14:30 | 暮らし | Comments(12)

元気ダニゃ~

パピーがお世話になってるカーディーラーの営業さん(♂️)。

毎年誕生日にお花のプレゼントを届けてくださる。

先月いただいたのが、こちらの黄色い「ダニア」。
f0395276_21522041.jpg
葉っぱの白い線がくっきり。お花は・・・ん?((T_T))


せっかくなので、我が家の専属モデルさんと一緒に撮影会。

ラッキー君の存在感、半端なく…「いよっ、男前~!!」
f0395276_19512598.jpg
完全に主役を奪われてしまったんダニア~( *´艸)


背景に生活感出まくりですが💦

「いいね~いいよ~」で、なでなで(ФωФ)\(^ー^)
f0395276_21544663.jpg
今日も~ボク、イケメン♡ダニゃ~♡( 〃▽〃)♡


最近、その「ダニア」さんに変化が!


細いお手々がピューっと伸びてきて、、、

まるで万歳してるみたい\(^-^)/バンザーイ!!
f0395276_11264535.jpg
よく見ると、両手でピースサインしてるじゃあ~りませんかv(´▽`*)v

調べてみると、これがお花なんだって♪
f0395276_12020051.jpg
めちゃくちゃ縁起が良さげでは?

見てるだけで、こっちまで元気が出てくるよ♪


なので、またまた撮影会~。

今日は人気スーパーモデルのこちらの方にもお越しいただきましたぁ!
f0395276_14315280.jpg

あ、あの~ちぃこ姫様💦
おくつろぎのところ申し訳ありませんが…
ちょこっと撮影、構いませんでしょうか?( ̄▽ ̄;)

ったく~しょうがないわねぇ~手短にお願いね💢

了解しましたっ(*`・ω・)ゞ


では撮りまぁす!はい、チーズ。

その目力半端なく…姫様ぁ~笑ってくださいよぉ💦
f0395276_13580587.jpg
いえーいv(・ε・v)  全く空気を読まないダニアさん。

ふざけてると、ちぃこちゃんに叱られるんダニぁ~💦


くんくん。くんくん。
f0395276_14010524.jpg
どんな香りがするんダニゃ?


「あれをご覧。」と指差すダニアさん。
f0395276_14013800.jpg
ん?何ダニゃ? 見上げるラッキー王子。


すっかり撮影が長引いて…もう、ぐったりダニゃ~
f0395276_14092188.jpg
対照的にずーっとハイテンションなダニアさんv(・ε・v)

腕がだるくならないんダニぁ~(´・ω・`)??


・・・・・(( ̄_||・・・


もう、付き合いきれないんダニゃ~へ('~`;)へ
f0395276_20341442.jpg

[PR]
# by makimaki2012peace | 2018-11-11 21:00 | にゃんこ | Comments(13)

今日は立冬

温かい一日となる予報に、朝から洗濯機をフル稼働。

これまでお世話になってた肌布団等を丸洗い。
f0395276_14133273.jpg


綺麗になったよぉ♪気ん持ち良い~(≧∇≦)b

できることなら自分を丸洗いしてみたいものなり~なんつってf(^ー^;

寝具はタオルケットに薄手の毛布と、一枚また一枚と重ねてきたけれど、ここ最近の冷え込みで一念発起。

冬仕様にチェ~ンジっ!

お日さまをたっぷり浴びたふかふかの羽毛布団。超気持ちいい~:*(〃∇〃人)*:

軽くて着てないみたいで、あぁ…至福♡

いけませんわ~益々朝が起きられなくなっちゃうわん💦

最近のアタクシ。アラームを2分ずつ延長延長で、モゾモゾ、ぐずぐず。
往生際悪いんじゃ~いっヽ(♯`Д´)/

まるで…♪芋虫ご~ろごろ♪

おっと、芋虫仲間の…じゃなかった💦こちらはミノムシfriendsのラッキー君だよ。
f0395276_14060840.jpg

大事な大事なお坊っちゃま♡
大切にくるんで、おくるみさん♡(*≧з≦)

それから、かの有名な「ちいちゃんロール🌀」
f0395276_20091933.jpg


ちいちゃんはめちゃ冷え性だからさぁ~冷やさんようにしなくちゃね♡

我が家では湯タンポ生活、とっくに始まってますよ~♪

カーテンも洗ったし、冬支度は着々と進んでおりまぁす♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

f0395276_20350061.jpg


f0395276_20075509.jpg


[PR]
# by makimaki2012peace | 2018-11-07 20:30 | 暮らし | Comments(16)

秋祭り最終日

お祭り日和の日曜日。お天道様もお祝いしてくれてるみたい♪
f0395276_11395158.jpg


午後一時。神様をお神輿にお乗せして、お旅所までお連れする行列がお宮を出発。


ほら貝の音が遠くから聞こえてくるよ。


今年のほら貝担当はY君。生まれて初めてのほら貝はいくら練習してもプスっともいわず…


代わってほしいと、前日、助けを求めて我が家にやってきた。


うちのパピー。おん年82才の長老ですが、実はほら貝吹きの名手でして…


後進を育てるのも大切な役目と、本番当日、早めにお宮入りしてマンツーマンの特訓を試みた。


本人いわく「手取り足取り」教えたそうな。


結果、上手に音が鳴るように。すごい!ギリギリ間に合ったぁ~d=(^o^)=b
f0395276_11330581.jpg

ここだけの話、どうしても駄目なら自分で吹こうと思ってたそうで…( *´艸)


よかったねぇ、パピー。Y君が吹けるようになってくれて。


おっ、パピーもお道具(鉄砲)を担いで行列の一翼を担っております。
f0395276_11330591.jpg


神様が間もなくお着きになられます。
f0395276_11330542.jpg


行列のとりは、そう、ちょうさ。待ってましたぁ!いよっ!
f0395276_13224119.jpg

そして、見てください!たくさんの人が列をなして押し寄せます。


一昔前のさびれたお祭りが、今ではこんなに盛大に執り行われるようになるなんて!


お兄ちゃん!見えますか?
あなた達の頑張りがこうして今も大輪の花を咲かせていますわよ。


(あ、うちの兄。町外で元気に生存しておりますのでご安心を♡)


ひゃ~、格好よろしいなぁ:*(〃∇〃人)*:
f0395276_11483599.jpg

この時期だけは毎年、男に生まれたかったなぁ~と思うアタクシです。


ここからがクライマックス。


お旅所での神事の後、ちょうさの「かき上げ」が奉納されます。


位置について、その時を待つ男達。
f0395276_12135261.jpg


「せ~の~そいやっ!」「せ~の~そいやっ!」
f0395276_12444242.jpg


掛け声に合わせ、天高くさし上げます。
f0395276_12490367.jpg


拍手喝采ヾ(≧∀≦*)ノ〃 大きな声援が飛び交います。
f0395276_12135369.jpg


一瞬だけど、ほんの数センチの「放り投げ」にも成功。
重さ2㌧が宙を舞う。すごかね~(≧∇≦)b


お兄ちゃん、見えますか?

あの頃、夢にまで見た「かき上げ」が、こうして見事に奉納されてますわよん。・゚・(ノ∀`)・゚・。
うっ、涙で前がよく見えない…ほんまかいなσ(^_^;)??

「僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る。」by 高村光太郎


何度も何度も「かき上げ」に挑む男達。う~ん、男前やなぁ♡(//∇//)♡

かき手も観衆も、心が一つになった瞬間でした。


午後3時。
猿田彦神の先導で、神様がお宮へお戻りになられます。
f0395276_13005777.jpg


パピー、お務めご苦労様でした♡
f0395276_13101755.jpg


氏神様、また一年宜しくお願い致します。
f0395276_13135353.jpg


皆さん、お疲れさまでした。良いお祭りでした♪
f0395276_13163641.jpg


幼馴染みや同級生と何十年ぶりの再会も果たせたし、やっぱお祭りっていいなぁ♪

ここでこうして生きてくんだなぁ~と改めて感じた秋の日でした。
[PR]
# by makimaki2012peace | 2018-11-02 13:30 | Comments(13)

秋祭り

ドンデンドーン、ドンデンドーン、、、
「ちょ~さ~じゃ~」「よいよいさ~じゃ~」

遠くから太鼓の音と若い衆(わかいし)の掛け声が聞こえてくる。

土曜日雨の予報を吹き飛ばし、晴天に恵まれた先週末。

氏神様の秋の大祭の日がやって来た。

二日間かけて、
ょうさ(太鼓台)が町内を練り歩き、この時ばかりは小さな町が一気に賑わう。

大人太鼓が1台、子供太鼓が3台あるのだけれど、少子化でここ数年は子供太鼓が出せないという寂しい現実。

それでも一年かけて準備してきた男衆(おとこし)の心意気がお祭りを盛り上げる。

f0395276_10562113.jpg


うちのお兄ちゃんが若かりし頃。もう30年近く前だろうか…

古くなったちょうさを思い切って新調。バブルの頃とは言え、○千万円の大きな買い物。

ちっちゃな町に相応しくないのでは?との声も上がったが、何度も何度も町民を説得して回り、それはそれは立派なちゃうさが町にやって来た。

そっから男達の戦いの日々が始まった…(プロジェクトX風~)
当時、多くの太鼓台が集まる有名な大祭と日程がかぶり、華やかで賑やかな他地区へと数少ない若者が流出。

町内の秋祭りは閑古鳥が鳴いているようなものであった。
かっこ~、かっこ~……(( ̄_||

ちょうさの重さは優に2㌧を超える。

人が集まらず、微動だにしないちょうさ。
坂道を軽トラで引っ張り上げるという屈辱も味わった。
人々の嘲笑う声が聞こえてくるようであった。

「ちょうさを担ぐこと」を「ちょうさをかく」と言う。
かき棒が一人一本ずつあたる…な~んて自虐的なギャグが飛び交うこともあった。

それでも男達は諦めなかった。そして、一か八かの賭けに出た。

お祭りの日程をずらし、他地区の祭りのかき手として奔走した。

そこで作り上げた人脈で、逆に自分達の祭りに助っ人に来てもらう。
「ギブアンドテイク作戦」だ。←ほんまかいな?(^ー^;A

努力の甲斐あって、かき手が町内外から集まり始めた。

また、夜間の運行に照明が無いという問題にもぶち当たった。

昔ながらのちょうちんをずらーっと掲げるには、更に莫大な費用がかかる。

小さな町にこれ以上の出費は不可能だった。

そこで男達はまたまた立ち上がった。

試行錯誤の末、ちょうさを彩る電飾を自分達の手で作り上げたのであった。
f0395276_00541159.jpg

暗闇に浮かび上がる金糸の見事な刺繍。豪華絢爛な装飾に誰もが目を奪われる。
うーん、美しか~*。・ (人*´∀`) ・。*ウットリ

後に、この手法が盛大な他地区の太鼓台にも取り入れられ、今では当地方の主流となった。

男達の情熱が人々の心を打ち、新たなうねりとなって広がっていった瞬間であった。


f0395276_00523951.png

つづく…

[PR]
# by makimaki2012peace | 2018-11-01 21:30 | その他 | Comments(0)

元うら若き乙女のつぶやき


by makimaki
プロフィールを見る
画像一覧