きよちゃんロス

きよちゃんとの突然の別れから一夜明けた、4月16日。
これから何を目標に生きていけばいいのか…完全に見失ってしまったmakimaki。
気分転換に海へ。

f0395276_22373008.jpg


晴れ渡る空、春風が気持ちいい。
いつもなら堤防の上をてくてく行くとこなんだけど、なんとな~く砂浜へ下りてみる。

すると、目の前を海パン一丁のおじさんが左から右へ。
ん?なんか足取りおかしいけど?(@_@)

気を取り直して、反対方向へ歩き出すmakimaki。
なんとな~く気になって振り返ると…えぇっ!おじさん、砂浜に倒れてるよ!!
慌てて駆け寄るmakimaki。 息、してるよね?うん、してる。

大丈夫ですか!?の問いかけに、弱々しく頷くおじさん。痛いところも、苦しくもないと首を振る。

とても自力で歩けそうにない。見回しても人はいないし、か弱いアタシにはどうしようもない…

「救急車呼びましょうか?」と聞くと、首を振り「大丈夫ですから…」と繰り返すおじさん。
うーん、どうしよう。

おじさん、小刻みに震え出し…寒いとおっしゃる。
このままではヤバイのでは? これは助けを求めに行かなくちゃ!

近くの芝生で、電気工事の人達が休憩してたよね。うん、あそこへ駆け込もう。
「おじさん、ここでちょっと待っててくださいね!」

慌てて助けを呼んできて、様子を見てもらう。

男性二人が飛んできてくれたけど、やっぱどうすることもできず、結局、救急車を呼んでくれた。

救急車が来るまでの間、指先からどんどん紫色になってくおじさん。
私にできるのは、ジャンパー着せてあげて、体を擦ることくらい。
しんどいのに拝むようにしてお礼を言うおじさん。

m「泳ぐのにはちょっと早かったですね~」
お「寒中水…泳…私は…傲慢な男ですから…」

うーん、深い…((T_T))

しばらくして救急車が到着。先程のお二人が誘導して下さる。

休憩中なのに、快く応じてくれて本当にありがとうございました。助かりました。m(_ _)m

おじさんから聞いた全てのことを隊員さんに伝えて、バトンタッチ。

隊員さん達の動きは手際が良く、連係プレーは見事の一言。
毛布にくるまれて担架に乗せられたおじさん。これで一安心。
(低体温用の体温計があること、初めて知った。)

いや~本当にビックリしたぁ!

もし、砂浜に降りなかったら、どうなってたんだろう?
助けを呼べない状況なら? 考えただけでゾッとする。
無力な自分を思い知る。

あそこまでして自分を変えようとしてたおじさんに、出会うべくして出会ったアタシ。

寒中水泳すべきは、アタシなのではなかろうか?

きよちゃんロスでポッカリ空いた心の穴。

ビックリ体験であっという間に塞がって、イッパイイッパイに(。>д<)

多少の心の傷なんてものは、それ以上の衝撃的な出来事で、吹き飛んでしまうものなのね。

きよちゃんロス。やっぱきよちゃんに癒して欲しいよ。
だから、追っかけするんだもんね~。
「早く元気になって、僕を追っかけて~♡」と、きよちゃんが言ってくれてる気がする。
うん、そうだ。そうだぁ。

孔子いわく、五十にして天命を知る。

そう、ワタシの天命は…きよちゃんを追っかけることなのね!←おいっ。
そうに違いないわね!←寒中水泳してこいっ。


今回のことで、いつどこで何が起こるか、本当に分からないもんだなぁと。

日々、一喜一憂しまくりだけど、生きてるだけで丸儲けなわけで。

ただただ感謝しかないという、そこんとこ、気付かせてもらえたなぁと。

病気の原因…愛と感謝の欠如だって聞いたことあり。

まだまだ足りてないよ~と教えてもらえたんだなぁ。
かなり手荒い感じがするのは、それくらいじゃなきゃ気付けないアタシだから(?_?)?

なかなか刺激的な日々だったけど、そろそろ平常運転に戻りまぁす。

目指せ!中庸~(*゚ー^)

f0395276_01180250.jpg



[PR]
Commented by minami9904 at 2018-04-24 14:36
makimakiさん良くやった・・・偉い!
おじさん無事で良かったです。
寒中水泳、ちょっと無茶ですね。
ともかく助かって良かった。
makimakiさんも元気に明るく行きましょうd(^-^)ネ!
まさしでした。
Commented by sutekinakurashi7 at 2018-04-24 19:10
makimaki さん、こんにちは。今日は朝から、ホントに衝撃でした !!
帰宅してあらためて記事を拝見し、やっぱり鳥肌が立っています !!!
makimaki さんが 、この日に限って なんとなく砂浜へ降りてみたり、ふと気になって おじさんを振り替えってみたり、、途中たまたま 工事の人たちが休憩していたり、、、。幸運な偶然がこんなにも重なるなんて┄┄( 。゚Д゚。) !!! 大袈裟かも知れませんが、背後に 何か見えない力が働いたとしか 思えませんでした。

この日、おじさんの命を助けるべくして、
makimaki さんは海岸へ呼ばれたんですね。大変なことでしたが、きっと 神様に選ばれたんだと思います。だって、、、願ったとしても、そうそう得られる機会じゃないですもん┄。

とにかく、おじさんも、makimaki さんのきよちゃん愛も、ご無事でよかった*.゚+ヽ(○・▽・○)ノ゙ +.゚* HIGA ♡
Commented by ruolin0401 at 2018-04-24 22:38
今晩は
愛しききよし君とのドラマが終わり、新しい朝を迎えて・・・
またまたドラマが起きたんですね。
臨場感あふれる現場が手に取るように伝わってきました。
二度ほど読み直ししました。立派な脚本家になれますね。
きよし君とのドラマがあったかと思ったら翌日に又ドラマ・・・なんていう事だ。
落ち着いて対応された事と思います。大事に至らず良かったじゃないですか。
今度はどんな出来事が待っているのでしょうかね。
余談ですが・・・
今朝の新聞に「週刊女性GWスペシャル合併号」の広告が載っていて、内容に「氷川きよし撮り下し&19の質問に答える!」というのがありました。もちろんご存知かと思いますが親切の押し売りで書きます。
Commented by makimaki2012peace at 2018-04-25 15:03
まさしさん、こんにちはぁ。
ただもう無我夢中でした。どうするのが一番いいのか、自分一人では判断できず…助けてもらえて本当にありがたかったです。
あまりにショックが大きかったもんで、次の日、お散歩お休みしました。おじさんの車がまだ残ってたらと思うと、とても勇気が出なかったんです。
その翌日、車が無くなってるのを見てほっとしました。良くなられたか、またはご家族の方が引き取りにこられたのだろうと…
ようやくショックから立ち直りました。はい~元気出していきますねo(*⌒―⌒*)
oありがとうございます♡♡♡
Commented by makimaki2012peace at 2018-04-25 15:41
HIGAさん、こんにちはぁ。
ねぇーっ!ビックリでしょう!?
あまりの衝撃に、きよちゃんのこと呑気に綴れなくなっちゃって…だもんで、コンサートレポートをアップするのも遅れたし、この事件のこともこんなに遅くなっちゃった(* ̄ー ̄)
ほんと、今更ながらに導かれてあの場所に居合わせた気がします。
氏神様へお参りした後だったので、思し召しだったのかな。あのルート、スピード、タイミングであの場所へ…となると、「出たあと待ち」で傷心状態じゃなきゃいけなかったんだ。なら、きよちゃんロスは必要悪だったのね~とか。
見えない大きな力を、今更ながらに感じますね!
お役に立てたなら良かったけれど、心に大きな穴を空けとくのは、あんまりヨロシクないということがよ~く分かりましたぁf(^ー^;
刺激を求めず、いつも心が穏やかで、満たされた状態でいられるように、セルフコントロールしなくちゃ、です。
いつも驚かせてごめんなさいm(_ _)m
きよちゃん捨てて他の男に走ったと思いましたぁ?
あはははヾ(@゜▽゜@)ノ
ちょっと意味深だったかな?
やっぱ、HIGAさんの食い付きは最高っすO(≧∇≦)O
事件はHIGAさんのために起きてるのかも!?


Commented by makimaki2012peace at 2018-04-25 20:12
素浪人さん、こんばんはぁ。
毎度、お騒がせしております。
ドラマは続くよ、どこまでも…(* ̄ー ̄)
実は、おじさんの車から荷物を出して、救急車に運び入れるお手伝いもしてたんだけど、段々、野次馬さん達が集まってきて…
ん?うちのパパりんまで!?
私が散歩に行ってしばらくして、救急車が下りていったから、もしかしたら、私が倒れたんじゃないかと血相変えて駆け付けたようで(>_<)
あぁ、またやっちゃった~って感じでした。
心配かけてばかりで、親の気の休まる暇がないかも…
なんて親不孝者なんでしょう!?
週刊女性情報、ありがとうございます♡
知らなかったので、めちゃくちゃありがたいです♡♡19の質問に答えてるんですねo(*⌒―⌒*)o
明日、通院するので、売店で立ち読みチェックしてみようっと♪楽しみができました~ご親切に、どうもありがとうございました(〃⌒ー⌒〃)ゞ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by makimaki2012peace | 2018-04-24 00:30 | きよちゃん | Comments(6)

元うら若き乙女のつぶやき


by makimaki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る